ナンパで彼女を作るコツ

彼女を作るには友人に女性を紹介してもらったり、街コンや合コンに参加するという方法がありますが、そういったところではなかなか自分好みの方と出会えないというのが現実です。

しかし、ナンパなら街中を歩いている自分のタイプの女性に声をかけて、うまくいけばそこからカフェやカラオケに連れていくことができるので、夢があります。

ナンパと言うとエッチ目的と思われがちですが、意外と彼女を作るために活動をされている方もいるので、勇気がある方は一度チャレンジしてみるのがおすすめです。

ここでは初心者でもナンパをうまく行うコツを紹介しているので参考にしてみてください。

ナンパのコツ1 急いでいない女性に声をかける

街にはいろんな状況の女性がいます。これから仕事に向かう人、大学の帰りの人、県外から来た方、買い物帰りの方など...

ナンパで声をかけるならまず避けるべきは「急いでいる女性」です。こういう女性はまず声をかけても迷惑に思われるだけなので、気をつけましょう。

※見分け方としては早歩きの方は急ぎの用がある傾向が高いです。

ゆっくり歩いている女性は暇を持て余してる

歩くペースの遅い女性は基本的に一人で街に遊びに来ているケースが多いので、声をかければデートにつなげやすいのが特徴です。

ナンパのコツ2 ターゲットに合わせた服装にする

ナンパで彼女を作る際に大切なのは、相手の女性に合わせた服装にすることです。例えば、あなたがギャル系の彼女が欲しいならばお兄系のファッションをすることでギャルに声をかけたときに反応が良くなります。

また、清楚系の彼女が欲しいのならばきれいな感じの服装で統一するのが効果的です。

服装だけでなく髪型もターゲットとなる女性が好きそうなものにするとより反応が良くなりますよ。

ちなみに、ターゲットの女性がどういった男性が好きなのかを知るためにも、女性向けの雑誌を読んで勉強すると理解が深まります。

※女性向けの雑誌は書店では購入しにくいと思うので、ネットで購入するのがおすすめです。

ナンパのコツ3 たくさんの女性に声をかける

ナンパをやってみても多くの方はうまくいきません。その理由はナンパの経験が不足していることが原因ですが、これはたいした問題ではありません。

大切なのは「たくさんの女性に声をかけて、改善点を見つけること」です。基本的に10人に声をかけて1人でも話に乗ってくれたらいい方なので、最初の内はひたすらいろんな女性に声をかけることが必要になります。

声をかけた時になんで女性が心を開いてくれなかったのかを自分なりに考えていくことで、次からどういう対応をしていったらいいのかが見えてくるので徐々にナンパが上手くなっていきます。

最初は下手だった方でも失敗から学んでいくことで、今では街に出れば好みの女性を連れ出すことができるレベルになったという報告もあるため継続が大切なんです。

 

以上がナンパで彼女を作る際のコツになります。ナンパと言うとハードルが高いので正直難しいと感じてしまった部分もあるかもしれません。

当サイトでは、彼女を作りやすい出会い系サイトを紹介しているのでそこで出会いを探すのもアリですよ。

>>彼女が欲しい方におすすめの出会い系サイトはこちら

   

 - 彼女の作り方